看護師の夜勤明け対策について

,

人が活動と休息を繰り返すためには、体内時計が基準となっています。そのため夜勤明けの看護師などは生活が不規則になりやすく、多くの人が頭を悩ませているのが現状です。生活リズムが不規則になってしまうと、様々な疾患に晒されてしまうことになるため、早めの対策が必要になります。

夜勤で働く看護師の中には酷い疲労を訴える人もいれば、あまり疲労を感じない人もいるようです。このように人によって異なるのは、睡眠時間が大きく関係してきます。夜勤明けであっても十分な睡眠が取れれば疲労も溜まりにくいので、すぐに疲労回復することができるのです。しかし、夜勤明けになると帰宅してもなかなか寝付けない看護師が多く、早く寝ようとするのに眠れない状況が次の日の仕事に関わってくることに焦りを感じさせてしまっています。そのため、肉体的にも精神的にも辛い状態になり、疲労感が倍増してしまうのです。

夜勤明けに十分な睡眠を取るためには、まず帰宅する際に日光を浴びないようにすることがとても重要なポイントとなります。人は日光を浴びると、眠気を誘うメラトニンの分泌が低下してしまうのです。このことが、夜勤明けに眠れないという状況に大きく関わってきています。夜勤明けで眠れないと、次の日の仕事にも疲労を抱えたままの状態になるのでとても辛い状況になるのです。しっかりと疲労回復するためにも、日光を浴びないように帽子や日傘を活用し帰宅するようにしましょう。その他の疲労回復方法はこちらから…[ 疲労回復特集 ]