慢性疲労症候群を知っておく

,

長時間労働や不規則な勤務体制、プレッシャーのかかる仕事をしていると、体調面で様々な症状が発生する場合があります。これらは体から出ている危険サインなので無視はできませんし、中には非常に治りにくい難治性の疾患を発症する場合もあるのです。疲労が引き起こす疾患で、特に知っておいてほしいものがあります。

その疾患は慢性疲労症候群というものです。ゆっくり眠り、休日にリフレッシュをすれば体の疲れは取ることができるでしょう。しかし、寝ても覚めても全く疲れが取れないという場合、この疾患である可能性があります。慢性疲労症候群の症状は休んでも体力が回復せず、歩くことも嫌になるほどの疲労感やだるさを感じることが特徴です。この疾患の原因はストレスと考えられており、ストレスによって自律神経のバランスが崩れることで睡眠中や休憩中もリラックスできず、体力が回復しないことが原因ではないかといわれています。また、うつ病の症状としても良く現れるため、そうした背景を考慮することが大切です。

この症状の決定的な治療法はまだありません。まずは、しっかりと体力を回復するために休養を取ることが必要で、場合によっては休職することを強いられる可能性もあります。また、ストレスが原因の場合が多いので、ストレス対策を取る必要もあるでしょう。心療内科を利用してカウンセリングを受け、自分のストレス要因となるものをしっかりと把握して対処方法を考える認知行動療法が有効です。